わきがの臭いの原因

わきがの臭いの原因

わきがの気になる臭いの原因はアポクリン汗腺という汗を分泌している腺が原因となっています。

私たちの身体にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺と呼ばれる2種類の汗腺があります。これらはどちらも汗を分泌する腺でありますが、分泌される成分に若干の違いがあります。

エクリン汗腺

エクリン汗腺は私たちの体の全身にあり、水分が99%・塩分が1%というほとんど水の汗が排出されます。

顔汗、足裏の汗、手汗、おしりの汗などはこのエクリン汗腺からの汗です。ほとんど水ということで汗自体はまったくの無臭であることが特徴です。

アポクリン汗腺

脇、耳などの体の中の特定の箇所にのみ存在しているのがアポクリン汗腺です。この腺から排出される汗には、タンパク質や糖質、アンモニア、鉄分、脂質などの成分が入っています。これらはわきがの臭いのもととなっています。

またこれらの成分から乳白色の分泌物となる傾向が高く、脇の汗ジミで服が黄ばんでしまうのはこのためです。

わきがの強さは「アポクリン腺」の量に比例する

アポクリン腺がわきがの原因となることは説明したとおりですが、では誰にでもアポクリン腺はあるのになぜワキガになる人とならない人が出てくるのでしょうか?

その答えは、「アポクリン腺の量の違い」で説明できます。アポクリン腺自体は誰にでもありますが、その量や汗腺自体の大きさなど細かい部分では千差万別です。

この汗腺の多さは生まれつきのものが多く、とくに両親からの遺伝的要因が強いです。まれに突然わきがとなる特異なケースもあるようですが、成長期を超えてから汗腺が変化することはほとんどないようです。