欧米人と日本人のわきが率

欧米人と日本人のわきが率

わきがで悩んでいる人は日本人の全人口の10~15%いるといわれています。つまり1,000~2,000万人もの人(実に10人に1人)がわきがの臭いで苦しんでいるのです。

一方で欧米人(白人)は50~60%程度、黒人は80~90%程度と言われています。この数値の情報源がどこかわからないので信頼できるかは難しいところですが、日本人と外国人との間にニオイの差が大きくあるということだけはわかると思います。

正直、日本でずっと暮らしているとあまりピンとこないと思います。日本は手洗いうがいをはじめとして、殺菌・除菌なども徹底されているような世界有数の清潔な国なので海外の人たちとは環境が違うのもあります。しかしそれ以前に体質がまったく違うのです。

欧米人たちはアポクリン汗腺が活発でワキガ体質の人が多いんです。日本人をはじめとするアジア人は彼らに比べるとアポクリン汗腺が少なめです。

食文化もニオイの違いをつくっている

もうひとつ忘れてはいけないのは食文化の違いです。欧米人、とくにアメリカ人などは肉類やファストフードなどを食べている印象が強いですが、それらの食事ばかりをとっていると動物性タンパク質の摂取量が多くなり、アポクリン汗腺が活発になりやすいです。

逆に和食のように栄養バランスが優れていて偏りも少ない食事であればニオイの元となるのは少ないです。近年は食の欧米化が進んでいるとされているので、昔はあまりなかったワキガの悩みも増えてきたのかもしれません。