わきが対策に岩盤浴は効果的?

ワキガ対策に岩盤浴は効果的なの?

体の中から毒素を出す、ということで人気を博している「岩盤浴」。そのデトックス効果はワキガにも効果があるということでニオイで悩んでいる人にも注目されています。

本当のところは、どうなんでしょう?

答えからいうと、ワキガが治るわけではないが効果少なからずあるし、ニオイが軽減したと感じた人も多いです。

なんか奥歯にものが挟まったようないい方ですよね、すみません(^_^;)

その理由をこれから説明します。

ワキガの原因を知っていますか?サラッと1分で一度おさらい

脇の下にある汗腺のイラスト

人間には汗をつくりだす「汗腺(かんせん)」という器官が2種類ありますが、ワキガの臭いが発生する原因となっているのはアポクリン汗腺とよばれるもの。

アポクリン汗腺からでる汗は、見た目はフツーの汗のようでじつは脂質、タンパク質、糖質、アンモニアなどニオイの元となる物質がたくさん含まれています。そのため透明な汗というよりは乳白色っぽい汗となっていて、服につくと黄ばんでしまう原因でもあります。

とはいえアポクリン汗腺からでる汗はニオイの元にすぎません。じっさいのニオイの原因は、このアポクリン汗腺からでた汗が皮膚の表面にでて、皮脂腺からでた皮脂と混ざり合うことでうまれます。

ワキ毛をちゃんと処理していないとニオイの原因である汗と皮脂が混ざり合う絶好の場を与えていることになります。

一方、エクリン汗腺とよばれるもうひとつの汗腺(かんせん)の場合、99%が水分、1%が塩分のためほとんど無色透明です。もちろんニオイもほとんとしません。運動などでかくフツーの汗はこちらから出るものです。

ちなみにこれら2つの汗腺は脇の下に集中してあるため、脇の下というのは臭いや汗がでやすい場所なんですね。

  • アポクリン汗腺 … ワキガの臭いの原因となる汗をつくる。その汗は乳白色で独特のニオイをもつ。
  • エクリン汗腺 … 暑いときや緊張したとき、運動したとき、辛いものをたべたときなどにかく汗をつくる。無色無臭。

岩盤浴でかく汗は「エクリン汗腺」によるもの

ワキガの原因はアポクリン汗腺からでる汗ですが、一方で岩盤浴で流す汗というのはエクリン汗腺からでるものです。

似ているようでまったく別物なのですね。

岩盤浴の汗は、運動をしたときや暑いときにかく汗と同じで基本的には無臭です。

じゃあ岩盤浴で汗をかいてもまったく効果がないのか?

いいえ、そんなことはありません。

岩盤浴には汗をかいてストレス発散するというとても重要な効果があります。

汗をたくさん流すというのは一度やってみるとヤミツキになるほど気持ちが良いものです。大量に汗をかいたあとに浴びるシャワーは格最高のストレス発散になりますよね♡

このストレス発散というのはじつはバカにできなくて、ニオイを軽減することにも役立ちます。

先ほど、ワキガはアポクリン汗腺からでた汗が皮脂などと混ざり合うことでニオイが生まれると話したことは覚えていますでしょうか?この皮脂というのは、ストレスや疲労を感じていると酸化して加齢臭のようなニオイを発生させるといわれています。

つまり、ストレスや疲労をかんじているときというのはニオイが倍増してしまうんですね。エクリン汗腺からでる無臭の汗だって、ストレスや疲労による老廃物によってクサくなると言われていますから。

なので岩盤浴でワキガのニオイを軽減することは可能だし、実際に多くのひとがその効果を実感しています。しかし汗の種類が違うので直接的には効果がない、ということになるわけですね。

岩盤浴がいいといわれている理由はなんとなく理解していただけたでしょうか。

ワキガでも岩盤浴に通うことはできるか

バスタオルの画像

岩盤浴がいい、とはいわれてもやはり密室で人といっしょというのは気になりますよね。クサイと思われないだろうか、周りの人や店員さんになにか言われたりしないだろうか、と不安になることもあるでしょう。

そういう人は、個室でできる岩盤浴を選びましょう。ちょっと値は張るかもしれませんが、安いところだと10人20人が入るスペースで、となりの人との間隔も近いことがありますからね。

個室であれば自分以外に誰もいませんので臭いについて誰からも注意されずにすみます。思う存分岩盤浴でストレス解消してみてください。

また、はじめて岩盤浴に行かれるなら持ち物は気をつけましょう。

●持って行くとよいもの
  • メイク落とし
  • メイク道具
  • 飲み物(お水やスポーツドリンク)
  • 替えの下着
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 髪留め

岩盤浴中は、基本ノーメイクです。すっぴんのまま汗を思いっきり流してデトックスしましょう。

ちなみに途中でトイレにもいけますしお水も飲めます。汗を大量にかきますのでたくさん水をのみましょう。詳しい流れなどはそれぞれのお店のホームページを読んでおくか店員さんの説明などに従えばOKです。