わきがの診察・治療には何科の病院へ行けばいい?

わきがの診察・治療には何科の病院へ行けばいい?

わきがの診察や治療を受けるために病院へ行こうと考えている人も多いでしょう。しかし気になるのは何科へ行けばいいのかという疑問です。

病院の受付へ行ってから「ワキガの診察を受けたいんですけど・・」なんてちょっと言いたくないですよね。ワキガの専門病院があるのか、それとも大きい総合病院の中で診察をやってくれるのか悩みは尽きないと思います。

ここではそんなはじめての診察ついてわかりやすく解説していきます。

はじめてのワキガ診断について

まず病院の何科を受診すればいいのかについてですが、皮膚科や形成外科へ行けばOKです。ワキガ治療専門病院というのはあまりないので、普通の総合病院で大丈夫です。

できれば事前に電話でワキガの診察や治療が可能か確認しておくといいでしょう。治療の特殊な機材などがある病院もあるようなのでそういうところを選べばよりよい治療が受けられるかもしれませんね。

それでも恥ずかしくて行きにくいという人もいるかもしれません。そういう人に伝えたいのは、医師はあなたと同じような悩みの人に何千何万と会ってきて診察してきているという事実です。

あなたがワキガだからといって鼻をふさいだりイヤな顔をしたりしないのは当たり前のこと、あなたについて何も思いません。だからどうか恥ずかしがらずに足を運んでみてください。

病院でできることは手術くらい

もし病院へ行けばワキガに効果のある薬や処方箋が受けられると思っている人がいるのなら伝えておかなければいけませんが、ワキガを治療するために病院でできるのは手術がほとんどです。

もちろん診断・診察をして客観的にあなたがワキガかどうか判断したり、適切な食生活や生活習慣のアドバイスをしてくれたり、とワキガ改善に役立つ情報はもらえるでしょう。

しかしワキガの臭いが劇的に改善する魔法のような塗り薬や飲み薬などは当然ですがありません。もしあるとすれば手術くらいなのでしょう。

ワキガ治療の手術・・・といってもたくさんある

手術と一口にいっても方法は様々です。たとえば軽度の場合はボトックス注射などで大丈夫でしょうし、重度の場合は剪除法や超音波吸引法などが行われます。

もしこれらの治療・手術を受けるのであれば事前に保険適用されるかどうかを必ず確認しておきましょう。