わきがと多汗症

わきがと多汗症について

ワキガの臭いは汗と切り離して考えることはできません。脇がくさい、脇汗がすごい、汗臭いなどなど、人によって症状は様々です。

ワキガと多汗症は似ていますが厳密にはまったく別物です。しかし多くの人は臭いだけでなく汗の量にも悩まされているのが実状ですし、両方を合併していることも多いです。

ここでは両者の違いについてかんたんにまとめます。前提知識として、人には汗をつくりだすための組織としてアポクリン汗腺・エクリン汗腺の2種類あることを知っておいてください。

ワキガについて

わきがの場合、アポクリン汗腺という汗腺が原因となります。

アポクリン汗腺は脇や乳輪、陰部などの場所に集中してあり、脂質やタンパク質、アンモニアなどの成分から乳白色をしています。

これにより服などが黄ばむことはありますが、汗自体に臭いがあるわけではありません。

アポクリン汗腺からでた汗が皮膚やワキ毛の細菌などと混ざり合うことで独特の臭いが発生します。

多汗症について

多汗症の場合、主にエクリン汗腺が原因となります。

エクリン汗腺は全身に存在するので多汗症の人の場合は特定の場所というより全身から汗をかきやすい、いわゆる汗っかきであることが多いです。しいてあげるとすれば、顔や頭、手、足、脇、背中、お尻などでしょうか。

エクリン汗腺もアポクリン汗腺と同様に無臭なので汗自体に臭いはしません。

しかしワキガと同じく細菌や皮脂などと混ざり合うことで汗臭い臭いになることがあります。

両者は根本的に別物

以上のことから「わきが」と「多汗症」が別の汗腺が原因となっているので根本的に別物だとわかると思います。

しかしそうはいっても、汗自体無臭であることやその汗が細菌などと混ざることで臭いを生むことなど、臭い発生のメカニズムは同じであることが分かります。

お医者さんのように詳しくなる必要はありませんが、あなたがどちらの症状で、なにが原因で臭いが発生しているかを知るのは決して無意味ではありませんよ。