耳垢ベトベト=わきがは本当に正しいのか?

耳垢ベトベト=わきがは本当に正しいのか?

わりと一般的に「耳垢がベトベト=わきが」という意見が浸透しているように思います。やや強引とも思えるこの論理が果たしてあっているのか間違っているのかについて語りたいと思います。

そもそも耳垢がベトベトになる理由

耳垢が湿る理由はアポクリン汗腺にあります。アポクリン汗腺は脇や耳の中などに集中して存在している汗腺で、その汗腺が毛穴をとおしって分泌物をだしていきます。それらの量が普通の人より多いため耳垢が湿りやすいのです。

注目すべきなのはわきがの原因となっているのもアポクリン汗腺であるということです。(参照:わきがの原因

つまりわきがの人は耳垢が湿っている確率が非常に高いのです。これは医学的にも確かなことであり、実際に病院へ行って診断を受けてみても、わきがの判定にこの項目が使われています。

しかしそうだからといって、耳垢が湿っている=わきがと認定してしまっていいのでしょうか。

ワキガ体質ではあってもワキガとは限らない

このように耳垢が湿っている人はアポクリン汗腺が多いと予想できるのでいわゆる「ワキガ体質」ともいえます。しかし、ワキガ体質であってもワキガではない人は当然います。

体質は遺伝によって決まりますからどうすることもできませんが、だからといって自分がワキガだと悲観する必要もないでしょう!

耳垢を確認するのは普通のときに

耳垢はアポクリン汗腺を刺激すると湿りやすくなってしまって正確にチェックすることができない可能性があります。

なのでお風呂あがりのときや運動をした後、興奮している時などにチェックするのはやめて、あくまで普通の状態の時に綿棒などでチェックしましょう。