化粧品、医薬部外品、医薬品の違い

化粧品、医薬部外品、医薬品ってなに?

このサイトではいろいろなわきが対策グッズやスキンケア用品を紹介していますが、それらの表記で「化粧品」や「医薬部外品」などと書いてあることに気づいた人もいるでしょう。

この表記は一体何を指しているのか、またそれぞれどんな違いがあるかなどについて説明します。

化粧品、医薬部外品、医薬品の違い

これらは薬事法という厚生労働省によって定められた法律で明確に区分されています。

この法律は有効性や安全性を確保するためを目的としてつくられ、製造から販売、流通に至るまで一定のガイドラインがあります。

また広告表示や商品のラベル表示などにも規定がありかなり厳しく決められているものです。裏を返せばそれだけ厳正にチェックされているので信用できるということです。

1、医薬品

病気の診断や治療を目的として使用されるもの。配合されている有効成分が厚生労働省によって「効果あり」と認められています。医薬品とはわかりやすく言えば薬(クスリ)なので医師の処方が必要です。

2、医薬部外品

医薬品ではないがそれに準ずるものを医薬部外品と呼びます。

よく「薬用」という表示を見かけると思いますがこれは医薬部外品として認められた表記です。医薬品ではないので「治療」ではなく「予防」を目的としています。人体に対する作用が緩和なものなので、「効果が期待できる」というレベルです。

3、化粧品

女性にもっとも身近なのが化粧品です。メイク用品やスキンケア用品がこれに属します。あくまで美容の範囲であり、清潔にする・魅力を増す・健やかに保つなどが化粧品の目的です。

効果効能について

説明するまでもないと思いますが効果効能のレベルはについては以下の順番となっています。

医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品

このサイトでもその辺りを明確にしながら商品の紹介をしていきたいと思っています!